WEBマガジン 業者販売
車両販売 オリジナルパーツ 店舗情報 コミュニケーション イベント情報 ご注文 お問合せ



    YZ125ED レアルエキップスペシャル


 
 
チャンバーガード
 


サイドスタンド
 


スキッププレート

 日本というシチュエーションで最高のエンデューロマシンを作りたい。
年を重ねる毎、エンデューロの経験を積み重ねる毎に、レアルエキップはそういう思いを強くしていました。
最高のエンデューロマシンというキーワードから連想されるものは、軽量、ハイパワー、秀逸なサスペンション・・・・。
そして日本というシチュエーションから連想されるものは、日本人の体形、日本のエンデューロシーン・・・・。

 そんな中、発売されたのがYZ125の2005年モデル。

 アルミフレームながらシングルクレードルのフレームワークを持ち、なんといっても軽量。エンジンも新設計の6速ミッションを搭載。ハイスピードでのハンドリングに文句があるはずも ない。レアルエキップの考えるマシンのベース車としてこれ以上のものは無いのではないか。実際試乗してみると、その期待を裏切らない性能が開発意欲を強く刺激しました。

 しかしながら...そこはピュアモトクロッサーだけに、エンデューロ(特に日本のエンデューロ)には向かないシーンが現れます。
 まずはサスペンション。固められた足回りは、短い時間及び高いジャンプや大きなギャップでは性能を発揮しますが、林道など(細かくてギャップとはよべ ないまでも)硬い路面からの衝撃にはほとんど
性能を発揮してくれません。
 また長時間のライディングでは、その俊敏すぎる動きがライダーのコントロール範疇を超え疲労を生み出します。そして長いストロークが生み出す、ほとんど足が付かないほどに高いシート。。。

 
 レアルエキップでは、それらをひとつひとつ解決しました。

 まず、ローダウンはWRで定評ある30oローダウンを使用。
これにより、片足もしくは170cm程度の身長なら両足のつま先が、マシンを傾けることなく接地できます。これは難所などでのスタート時にマシンをまっすぐホールドできることにつながり、バランスを保つことによるトラクションの確保や難所からの脱出に大きな威力を発揮します。

 そしてダンパーを構成するバルブをリバルビングすることにより、約20%程度の減衰力をダウンしました。特に圧側のハイスピードを柔らかめにふることにより 、車体のふわつきを発生させないようにしながらも路面のギャップを吸収する性格に変貌させました。
 もちろんスプリングレートも2段階ほど柔らかいものをチョイスし、エンデューロシーンに合わせ、動かして吸収させるサスペンションにセットしなおしました。結果、エンデューロの世界では、軽量がゆえにややトラクションに対して敏感な動きを見せるYZ125がしっとりと落ち着いたトラクションの良いマシンへと変貌しました。

 ハンドリングも、フロントを突き出しを多く取ることによってややキャスターを立て、少し起こしてセットされたハンドルポジションとともに軽快感を出しました。
 そしてハンドル切れ角もウッズにおける走行でも違和感ないところまで増やしています。ハンドルの切れ角は単にターン半径を小さくする効果だけでなく、バランス修正の範囲を大きく広げる効果もあるのです。 また、リヤホイールはエンデューロタイヤに対応すべく18インチにリセット。

さらに、エンデューロにおけるプロテクション向上として、スキッドプレートとチャンバーガードを製作。特にチャンバーガードはフレームマウントとし、チャンバーのつぶれによるエンジン性能の低下を防ぎます。

そのうえ、サイドスタンドや保安部品などを装着。もちろんエンデューロレースでの使用を前提とし、できる限り軽量で邪魔にならないものをチョイスしました。リヤスプロケットは2T増やした52Tとし難所での半クラッチ使用を助け、クラッチの耐久性アップに寄与しました。
最後に、ライディングポジションを変化させず、かつ重心もアップさせないようにしながら1.5Lの容量アップを図ったフュエルサブタンクで航続距離を確保しました。
以上の結果、まるで別物のバイクとなったレアルエキップYZ125ED。日本の代表的なエンデューロレースでも上位にらくらくと入賞し、その実力を証明しています。

※既に販売は終了しています。
 

※写真はオプションを含みます。
※写真はクリックすると拡大します。

 


仕様 08年 YZ125ED
●オリジナル保安部品
 レアルエキップで最適なパーツをセレクト&開発。オリジナルメインハーネス、デジタルメーター、LEDテールランプ、メカニカルストップスイッチなどマシン本来の性能をスポイルせず、必要かつ最小限の仕様としました。
ヘッドライトはUFOを採用しています。
●ローダウンサスED仕様
 YZ125をEDの使用に最適にするために、すべてを見直しました。
ローダウンはWRで定評のある30mm。スプリングレートを柔らかいほうへ見直し、ダンパーセッティングもバルブをリセットし対YZで20%のダウン。
切れ込み感のないニュートラルなハンドリングを実現しています。
●スキッドプレート
レアルエキップオリジナル。フレームに沿うことにより応力を分散させる構造としています。
●18インチリヤホイール
エンデューロタイヤの選択肢を広げる18インチリヤホイール。標準ではミシュランのコンペ3をセット。
●Rスプロケット
サンスター製50Tをセット(STDは48T)
●サイドスタンド
ボルトオンでマウントされ、不要な際は取り外しのできるアルミサイドスタンド。
●オリジナルグラフィック
外装パーツを保護し、レアルエキップコンプリートを主張するフルグラフィックキット
●ACG
E-LINEをレアルエキップで軽量加工しYZ125にフィット
●チャンバーガード
チャンバーのへこみを保護するフレームマウントのガード
●チタンラジエターガード
ラジエターの変形を防ぐチタン製
●クーリングファン
EDユースの必需品、オーバーヒートを防ぐ。サーモスイッチ装着
ページ上部へ戻る